ミニマリストの意向を持つマキシマリストは「ものはちょっと多く、幸せはめちゃめちゃ多めに」

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

 

f:id:vosstories:20160308003335j:plain

 

僕はミニマリストです。と思いたいです・・・

必要最低限なものだけあればいいし、余分なものを持たないことに幸福を感じます。

 

 

 

ミニマリズムの「ものは少なく、幸せは多めに」は魔法の言葉。

  • ものを買うときに本当に必要かを厳選することで、無駄が無くなり幸せにつながる。
  • ものを少なくすることで、解放感やスペースが生まれ、そこに幸せが流れ込んでくる。

 

例えば「薄い財布 abrAsus」はミニマリストの象徴的商品。

f:id:vosstories:20160308005506j:plain

必要なお札、小銭、カードが、abrAsusの薄い財布は入るんです。こんなに薄くて小さいのに。

abrAsusの薄い財布を使うようになり、小銭を効率良く使えるようになったし、いらないカードは使わない、どうせ失効するポイントカードは使わない。と、無駄がなく生活が豊かになっていった!1年ほど使っているけれど、もうこれでいい!

 

僕が手に持っているabrAsusの薄い財布はブッテーロレザーというもの(↑下の方)、約2,500円の価格差で革のグレードが上がるので、ぜひおすすめです。すごくいい革ですよ。1年ほど使ってすごく育ってきました。

 

www.jimpei.net

ミニマリストのじんぺいさんだって、薄い財布めちゃ推してるし!

 

ミニマリストのパパ、グラハム・ヒル「ものは少なく、幸せは多めに」 

グラハム・ヒルの「ものは少なく、幸せは多めに」を視聴すると、ものがない生活のメリットが分かることでしょう。ミニマリストは節約できて経済的だし、価値のあるものを大切にできるし、誰もが身につけるべき思想であると思う。

 

僕はミニマリストだと思っていたが、マキシマリストだったらしい。

f:id:vosstories:20160308011830j:plain

f:id:vosstories:20160308012009j:plain

僕は趣味が多いから、必然的にものが多い。写真に写っているインドアで使用するものだけで、ギターと音楽機材、デジカメとフィルムカメラと現像機、コーヒーセット。

僕は完全なるアウトドア派なので、これにアウトドア用品やスノボー用品があるわけなのです。

 

僕はミニマリストの意向を持つマキシマリストだった。

圧倒的に趣味が多くてものを持つけれども、ミニマリズムに基づいてものを所有している。

  • 本当に大切でよいものしか購入しないので機材は必要最低限
  • よいものを長く使うから愛着がすごい
  • 初期投資はお金がかかるけど経済的に長く楽しめる

「ものはちょっと多く、幸せはめちゃめちゃ多めに」

やりたいことはやりたいし、ほしいものはほしい。だから、マキシマリストにはなってしまう。それでも、ミニマリストの意向を持つことで「ものはちょっと多く、幸せはめちゃめちゃ多めに」といった感じになるよ!

これからはもっとミニマリズムの動向にシフトして、もっと幸せになるぞ!!!