僕はアトピーと闘っている。アトピーの原因から探る治療と対策!

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

f:id:vosstories:20160312191352j:plain

そう、小さい頃から、僕はアトピーと闘っている。

 

アトピーという病気をみんな知っているのではないでしょか。日本でも15%前後の人がアトピーと言われています。すごくかゆいし、乾燥肌になりがちだし、肌が弱い。見た目もよくないのでコンプレックスを感じている人がたくさんいるはず。

 

このブログの記事は、そんなアトピーの人たちと一緒に戦っていくために作りました。

 

 

 

アトピー性皮膚炎の症状と付き合い方

アトピー性皮膚炎の症状 アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある特徴的な湿疹が生じ、回復したと思ってもまた症状があらわれ、それを繰り返す状態のことをいいます。 湿疹の特徴は赤みのあるものや湿り気のあるジクジクしたものなどがあり、アレルギーが起きやすい体質の人に多くみられます。 

"アトピー性皮膚炎の症状|からだの症状|くすりと健康の情報局"より引用

 

アトピーと戦う人たちはたくさんいるよ、大丈夫。

小さい頃からアトピーだったので、学校でもすごく嫌だったし、かなりコンプレックスを持つもの。それは今も変わらないけど、症状を改善させるための情報だってたくさんあるし、仲間もたくさんいる。

 

木村文乃さんがアトピーを告白 。「一緒にがんばろー!!!」

 

自分の病気ってなかなか人には言えないです。僕も初めてこのブログで自分からアトピーであると伝えました。

周りが知ってたかどうかは別として、自らの病気に対して告白し、一緒に頑張ろうと発信することは勇気がいる。なによりも、アトピーの人の励みにもなった大きな出来事だった。

 

アトピーは完治しないが、治療してよくすることはできる。

アトピーは先天的な自律神経の異常により症状が出ているので、病気の完治は難しいと考えられる。

だから、アトピーは症状を抑えながら付き合っていきます

安心してください。ちゃんと、アトピーの症状を抑えていく方法があります。

 

 

アトピー性皮膚炎の原因と治療法

アトピー性皮膚炎は別名、原発性(先天性)免疫不全症候群とも言われています。

そう、免疫が治療を行っていく上でかなり重要なキーワードになってきます。

 

難しい理論なしに、ざっくりとイメージを理解する。

埃、ダニ、ハウスダスト、その他、様々な異物に対して、アトピーの肌は敏感にアレルギー反応を起こします。すごく痒くなったり、赤くなったり。

お風呂後の痒みはお湯の塩素によるものかもしれないし、 乾燥による痒みかもしれない。

その後に保湿剤を塗るのも施策の一つではあります。ただ、ステロイド外用剤(副腎皮質ホルモン)などは、副作用もありますし、適度な使い方をしなくてはなりません。

 

「なんだかよく分からないけど、外的、内的要因によって痒みが発生してるんでしょ?」

薬を塗ったり、清潔にしたり、お風呂の時間を調整したり。もちろん、大切な治療なんだけれども。

 

先天的な免疫不全症候群、すなわち、体質的要因による病気であるので、体質を改善することが一番の治療なのです。

 

体質改善によるアトピーの治療方法

免疫力を高めることを始めとした体質改善では、アトピーに対してのみならず健康になれるのでおすすめです。

 

体質改善の絶対条件は、水と栄養です。

 

体質改善では食事がかなり重要になってきます。

例えば、先ほど紹介させていただいた、木村文乃さんはかなり食事に気を使っているようです。

 

木村文乃さん(@fuminokimura_official)が投稿した写真 -

 

木村文乃さんはとてもきれいな人ですよね。アトピーも症状は人それぞれですが、自分の体に気を使っているのは確かですよね!栄養バランスの良い食事を作るのは大変です。

水と栄養による治療法はこちら

www.vosstories.net

 

以上が、水と栄養による体質改善であり、免疫力も自然治癒力もつきます。

症状が出ている状態で掻いてしまい、さらに悪化という悪循環に悩んでいると思いますが、体質が改善されると症状も軽度、掻いてしまったときの治癒の速度もかなり違います。

基本的な水と栄養以外のアトピー対策としては上記の本がおすすです。

添加物や油がアトピーに悪い作用を施していることがよく分かります。もちろん、これらの本はアトピーによいだけではなく健康によいのですから、積極手に取り入れるべきだと思います。

 

体質改善による治療をしなくてはならない理由

なぜ、体質改善による治療をしなくてはならないかは簡単です。薬や保湿クリームを塗る治療でよくなるのはその効力がある時だけなのです。

それに比べ、体質改善を行っていくと、健康でありながら症状がかなり少なくなり、症状が出てしまった時の薬の量も減らせるし効きます。

  

質問や悩みがあったら教えてください。間違ったことやオススメがあったら教えてください。

僕はアトピーと闘っている。よければ一緒に戦いましょう。