iOS 9.3の「Night Shift」は凄く健康によい機能!【ブルーライトカット】

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

f:id:vosstories:20160326220951j:plain

先日iOS 9.3の発表がありまして、「Night Shift」という新機能が登場しました。

「Night Shift」は、快眠を促すための超優しい機能だったので紹介します!

 

 

「Night Shift」は睡眠を促す優しい機能

f:id:vosstories:20160326215942p:plain

iOS 9.3の変更点の中でも、「Night Shift」が個人的に一番素敵な機能だと思いました。

その理由がこちら!

寝ても覚めても、
眠りについて考えました。
夜間に明るいブルーライトにさらされると、24時間周期の体のリズムに影響が生じて寝つきが悪くなることがあると多くの研究が示しています。Night ShiftはiOSデバイスの時計とジオロケーションを使って現在地の日の入りの時刻を推定し、自動的にディスプレイのカラーを暖色系の色域に切り替えます。そして朝になると通常の設定に戻します。心地よい眠りのために。

iOSのアップデート - Apple(日本)

超優しいよ! 

 

 

ブルーライトをカットすることで快眠になる

ブルーライトは、ぼくたちの健康に悪影響を与えると言われている。

よく言われるのが、目が疲れる。パソコンやスマホなどをずっと使用しているとなんだか目が疲れてきたなんてよく聞きます。

そして、一番困ってしまうのがブルーライトに快眠を阻害されてしまうこと!

寝る前にベッドに入ってスマホを使う人って、たくさんいると思うんですけど、人によっては覚醒してしまって寝れなくなってしまうんですって!

寝れたとしても眠りが浅くて快眠できない。そんな話も聞きます。

 

 

ブルーライトカット対策しているでしょ?

 ブルーライトカットと言えば、JINS PCが有名ですよね。効果が絶大でぼくも個人的に利用してますが、スクリーンの前では絶対つけてますね。

他の人々の評価もかなりよいので、一日のうちにスクリーンを見る時間が長い人はぜひ使ってください。目は大切です!

 

JINS PCはちょっと値段が高いかな?と感じる人!「私はこれで十分」確かにこれでもよいかもしれません!かなり高評価ですし!

大切なのはブルーライトのカットの対策をすることですから、とにかく始めましょう!

 

 

そもそもブルーライトが出ないほうがいい!

ブルーライトカット機能がついているPCメガネも大切なのですが、根本的にディスプレイからのブルーライトが出てこないほうがいいですよね。

 iOS 9.3の「Night Shift」がまさに、その機能!

ディスプレイの色温度を暖色系にすることで、ブルーライトを減らしましょう!

それでは、手順をどうぞ!

 

 

iOS 9.3の「Night Shift」の設定 

  • 1)ホーム画面から「設定」へ進む

f:id:vosstories:20160327103124p:plain

  • 2)設定から「画面表示と明るさ」へ進む

 

f:id:vosstories:20160327103136p:plain

  • 3)画面表示と明るさから「Night Shift」へ進む

 

f:id:vosstories:20160327103146p:plain

  • 4)「Night Shiftで設定を行う」
  • 時間指定をONにすると、毎日指定時間にNight Shiftモードになる。開始時間と終了時間を決めることができる。この設定だと、20:00にONになり、7:30にOFFになる設定です。
  • 「手動で明日まで有効にする」をオンにすると現時点から、明日の7:30までNight Shiftモードになる設定です。
  • 「色温度」は色温度を調整することができます。暖かくに近づけるほど暖色系になり、ブルーライトの排出量が軽減されます。

 

f:id:vosstories:20160327103155p:plain

 5)一度設定をしておけば、簡単に「Night Shift」を今すぐ有効をONにすることができる。

 

 

Night Shiftで健康によい生活を送ろう

Night Shiftが健康に気遣う優しさと、設定の簡単さが分かったことでしょう。やはり、みんな日頃疲れが溜まっていると思うんですよ。

ちょっとしたことでも、ずっと溜まっていくことで病気になってしまったり、調子が悪くなってしまったりするものです。

iOS 9.3の新機能「Night Shift」で自分をいたわってあげましょう!