iPhoneのブルーライトカット機能「ナイトシフト」をずっとオンにする方法!

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

f:id:vosstories:20160401070209j:plain

iPhoneのiOS9.3で登場した「Night Shift(ナイトシフト)」はすごく優しい機能。

体や目によくないと言われるブルーライトをカットしてくれます。

この、「ナイトシフト」をずっとオンにする方法を紹介します!

 

 

iPhoneのブルーライトカット機能「ナイトシフト」ってなんだ?

すごーく簡単に言うなれば、ブルーライトは人々の健康に少なからず害がある。

だから、「ナイトシフト」を使ってブルーライトをカット!

目の疲れに優しい、快眠安眠をサポート、結果的に健康なiPhoneライフが送れる!といわけ。

ぼくはずっとオンにしているし、ずっとオンにすることをおすすめするよ!

 

 

iPhoneのブルーライトカット機能「ナイトシフト」をずっとオンにする方法!

f:id:vosstories:20160327103124p:plain

1)設定からの、画像表示と画面の明るさをタップ

 

f:id:vosstories:20160327103136p:plain

2)Night Shiftをタップ

 

f:id:vosstories:20160401003212j:plain

3)時間指定をオンにする。開始と終了を設定する。

 

この開始と終了が大切。というよりも、この設定にして下さい!

開始3:00 ー 終了2:59の設定がどういう状況かと言いますと。

  • 3:00から2:59までの23時間59分はナイトシフトがオン
  • 2:59から3:00までの1分はナイトシフトがオフ

すなわち、ナイトシフトがずっとオンになるということだ!(寝ている間の1分間以外)

 

 

iPhoneの長時間使用による疲労への対応

iPhoneを長時間使用していて、目が疲れてしまう、しょぼしょぼしてしまうという方いるのではないでしょうか。

もちろん、ブルーライトによる影響も少なくないのですが、根本的な対処をしましょう。

それは、明るさの調整をしましょう。ということです。

光の量が多ければ、ブルーライトも多い。その逆も然り。

「テレビは明るくしてみろって言うし、明るい方が目悪くならないんじゃねえの?」という意見もあるでしょうが、違います。

明るさもほどほどに、目を疲れさせないくらいに調整しましょう!

 

 

完全にブルーライト対策をして健康に気をつけるには

今は目の疲れや健康に影響がなくても、じわじわきますよ。気づいてないだけです。

今回紹介させていただいた、iPhoneの「ナイトシフト」に加えて、明るさの調整を行いましょう。

これで、かなりブルーライトは対策できます。目への疲れ軽減を体感できるでしょう。

 ただ、+αでPCメガネもつけましょうよ。目はクソ大事ですから。

 

 効果はかなり期待できますよ。ぼくも家でディスプレイをのぞく時は毎回使用していますが、疲れ方は明らかに違いますよ。

毎日使うし、クソ大事な目のための投資としてはかなり安いかと思います。

  • ナイトシフト
  • 明るさの調整
  • PCメガネ

このブルーライトカット三か条があなたの健康を守ります。