【最強を検証】iPhoneの液晶保護フィルム「C-Glass」がやばい

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

f:id:vosstories:20160405061544j:plain

iPhoneの液晶保護フィルムダントツの人気を誇る「C-Glass」

強化ガラスで最強の硬度を誇りながらも、薄さなんと0.2mmしかないんです。

実際にiPhone SEに貼ってみたら、最強で最高だったのでご紹介します!

 

 

iPhoneの液晶保護フィルム「C-Glass」がなぜダントツの人気なのか

 

iPhoneの液晶保護フィルム「C-Glass」が人気な理由はかなり明確です。

強い!薄い!安い!

この三拍子って液晶保護フィルムの選ばれる3大基準みたいなもんですから、この時点ですごそうだなと。

それでは、具体的にどれだけの能力で評価されているのか、検証してみたいと思います!

 

iPhoneの液晶保護フィルム「C-Glass」は傷を知らない

液晶保護フィルムで一番重要であろう、「強い!」の部分ですね!

iPhoneの液晶保護フィルム「C-Glass」は傷を知らないってどれだけ、強気なんだよ!と思うかもしれませんが、まじなんですよ。

「C-Glass」の硬度は「9H」の硬度なんです。「9H」の硬度がどれだけ強いかを紹介します!

 

「C-Glass」の硬度は9H、それってどれだけ強いの?

硬度9Hというのは、硬さのスケールである「モース硬度」の単位なんです。

それでは、モース硬度の値によって硬さはどれくらい違うのか!

  • 2.5H:人間の爪
  • 4.5H:釘
  • 5.5H:ナイフの刃
  • 7.5H:鋼鉄のやすり
  • 10H:ダイヤモンド

ってことは、え?9Hはナイフの刃より硬くて強いってことじゃないですか!

えーと普通に考えてみると、ダイヤモンドなんて持ってないでしょ?

となると、日常的に9Hを傷つけられるものは、ほぼないんじゃないのか。

とりあえず、本当に硬くて強いのかを検証してみよう!

 

【検証】「C-Glass」の硬度9Hにナイフを突きつけてみた

f:id:vosstories:20160404224740j:plain

「C-Glass」の硬度9Hには、結界が張られていて画面に触ることすらできない。

【検証結果】「C-Glass」には結界が張られていたため、ナイフで画面を傷つけることはできませんでした。「C-Glass」圧勝!!!

 

なんてね!うそはいけません。気を取り直して。しっかりレビューしますよ。

 

f:id:vosstories:20160404225104j:plain

「C-Glass」をナイフで切りつけたところを拡大しても、傷がない...

先ほどの結界ネタで、ぼくは完全に信頼を損ねていますけど、うそついてません。

ほんとに、切ろうとしたのに切れない。傷一つできませんでした。

 

【検証結果】「C-Glass」の硬度9Hに、ナイフを突きつけてみたけど、最強すぎて傷がつかなかった!こりゃ、強い!

 

 

iPhoneの液晶保護フィルム「C-Glass」はめちゃめちゃ薄い

液晶保護フィルムで薄いとなにがよいかって、薄くて光の透過率が高い方がディスプレイが美しいんですよ。

AppleのiPhoneはかなり美しいディスプレイなので、分厚い保護フィルムをつけてしまうのはもったいないです。損してます。

実際に「C-Glass」をiPhon SEに貼り付ける手順と共に、薄さをご覧ください。

 

「C-Glass」をiPhone SEに貼り付ける

f:id:vosstories:20160404230704j:plain

 NEWLOGICの「C-Glass」です。結構立派なパッケージに入っています。

 

f:id:vosstories:20160404231439j:plain

付属品もついておりまして、かなり充実したセットになっているんです。

画面を拭くためのウェットペーパーとドライペーパー。ホコリを取るための粘着テープ。この2ステップで汚れとホコリを確実に取ります。

 

f:id:vosstories:20160404231725j:plain

画面をひたすら拭きます。指紋や汚れは必ず落とします。この時とりあえず、ホコリは気にしなくても大丈夫です。ホコリ以外のあらゆる汚れをとってください。

 

f:id:vosstories:20160404232002j:plain

汚れを取り終えたら、粘着テープでホコリを撃退していきます。iPhoneの画面上から穂ホコリを確実に消します。

 

f:id:vosstories:20160404232128j:plain

汚れもホコリもなにもない、めちゃくちゃ美しいiPhoneが用意できました!

 

f:id:vosstories:20160404232218j:plain

f:id:vosstories:20160404232245j:plain

最後の最後までホコリには注意してください。あらゆるところから浮遊してきては、画面の上で休憩するので。

 

f:id:vosstories:20160404232414j:plain

うまくiPhoneと「C-Glass」を貼り付けたら、付属の布で押さえて空気を抜きます。

 

f:id:vosstories:20160404232553j:plain

汚れもホコリもない、美しいiPhoneが完成しましたよ!

パッと見で液晶保護フィルムがついてるようには見えないです。かなり、iPhone本体に馴染んでるように思えます。

 

f:id:vosstories:20160404232748j:plain

「C-Glass」は0.2mmとかなり薄いため、液晶保護フィルムを貼ってないのと変わらないくらい、ディスプレイが美しいです。

ちょっと、画像では表現できていませんが、薄いことでiPhone本体に馴染むし、ディスプレイがきれい。これは、薄い!

 

 

iPhoneの液晶保護フィルム「C-Glass」は安いからコスパ最強

iPhone SE, iPhone 5s, iPhone 5, iPhone 6s, iPhone 6, それぞれ、お持ちのiPhoneに合う「C-Glass」があります。

最強で超薄いダントツ人気の液晶保護フィルムが、なんと「1200円」くらいです。

1200円で強化ガラスフィルムが手に入るって素晴らしいです。

iPhoneの液晶保護フィルム買うなら間違い無く、「C-Glass」がおススメ!

 

 

シンプルにデザインを活かしながらiPhoneを守るケース 

JETechの衝撃吸収バンパーケースもかなりおススメなんですよ。バンパーケースといっても背面があるので、クリアケースに近い形なんです。

ただ、バンパーとしての側面の強化による高い安心感も備えているんですね!

 

f:id:vosstories:20160405055742j:plain

f:id:vosstories:20160405055800j:plain

f:id:vosstories:20160405055820j:plain

余分な隙間や、過度なやわらかさもなく、かなりフィットする印象でした。

 

f:id:vosstories:20160405055916j:plain

f:id:vosstories:20160405055926j:plain

デザインや機能を阻害すること無く、安全面のための必要最低限部分を強化しています。

iPhoneを守る×シンプルな美しさ=JETechの衝撃吸収バンパーケース

そんな数式を実現しています。

 

 

iPhoneは自分で守ろう!コスパよく機能を最大限に引き出す!

今回紹介させていただいた、 NEWLOGICの「C-Glass」とJETechの衝撃吸収バンパーケースはオススメですね。

2つで2000円ちょっとですが、かなり最強感があふれてますので!

 

他にもケースや周辺機器を紹介していますので、よかったら見ていってくださいね!