iPhone16GBで音楽を無制限に楽しむ、CloudBeats!

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

f:id:vosstories:20160422005518j:plain

ぼくはiPhone16GBモデルを使用していますが、自分が持っている1000曲以上の音楽をいつでもどこでも聴くことができます。

iPhoneの容量を気にして、持ち歩く音楽を決めたくないですし、この曲聴くかも?聴かねえんじゃないかな?と、迷うのも嫌です。

それなら、全部クラウドにブチ込んで、CloudBeatsで聴こう。自分が持ってる曲全部持ち歩こう!

 

 

CloudBeatsってなに?どうなってるの?

 CloudBeatsはiPhoneアプリです。このアプリは、なんでも曲を聴けるという怪しいアプリではありません。

クラウドストレージに入っている音楽を聴くためのアプリがCloudBeatsです。

 

クラウドストレージってなに?

クラウドストレージは別名、オンラインストレージなどと呼ばれることもあります。

簡単に言えば、PCやスマホのファイルなどのデータを、インターネット上のロッカーみたいなところに置いておくイメージです。

f:id:vosstories:20160421063228p:plain

NEC クラウドサービスとは?http://jpn.nec.com/n-town/column/cloud/01/

実際どういうことか言うと、PCなどに入っている音楽をクラウドストレージ(サービス)にアップロードして、iPhoneのCloudBeatsというアプリを利用して、そのクラウドストレージにある音楽を聴きます。

  • クラウドストレージ=インターネット上にある容量
  • CloudBetas=クラウドストレージにある音楽を再生するためのプレーヤー

 

 

クラウドストレージのおすすめ3選!

1)box

boxの個人向けオンラインストレージです。

10GBの無料ストレージがあるので、音楽専用と割り切って使ってはどうでしょうか。ぼくはboxを利用してますけど、快適に音楽ライフを送っていますよ。

 

2)Google Drive

Google Driveはファイルの共有に優れていて、ドキュメントなどの文書ファイルをオンライン上で他のユーザーと共同編集ができるのです。

15GBの無料ストレージがありますから、普段利用する文書ファイル以外にも、音楽をいれる容量は十分あるかと思います。

 

3)OneDrive

OneDriveはブラウザ上でオンラインOffice、Word、Excel、PowerPointなどを利用することができます。ソフトウェアを持っていなくても、簡単な書類なら作れてしまうのです。OneDriveすげえ!

こちらも、無料は15GBなので容量たっぷり使えますね!

 

この3種類のクラウドサービスを利用するだけでも、45GBの容量を無料で確保できるのです。

タダより安いものはないというレベルのお得感!

 

 

CloudBeatsの使い方 

 こちらのアプリをインストールするところから始まります。初期投資が480円かかってしまいますが、音楽の容量を確保するために、容量が大きいスマホを買うことを考えたらクソ安いもんです。

 

f:id:vosstories:20160422003616p:plain

 1)CloudBeatsをタップして起動する。

 

f:id:vosstories:20160422003646p:plain

2)音楽を入れたクラウドストレージサービスへログイン。

 

f:id:vosstories:20160422003752p:plain

3)クラウドストレージ上のフォルダが表示されます。

ぼくの場合はアーティストごとにフォルダ分けしているので、このように表示されます。

右上をタップすると、様々な機能にアクセスすることができます。

 

f:id:vosstories:20160422003939p:plain

4)よく聴く曲はオフラインに入れておくことをおススメします。

設定をタップすることで、他のクラウドサービスにもログインすることができます。

 

f:id:vosstories:20160422004131p:plain

5)こちらがプレーヤーの画面、リピートやシャッフル、速度の変更、タイマー、しおりなど、実に様々な再生機能がついています!

 

 

iPhoneの容量は節約して、クラウドの音楽は贅沢に楽しむ

よく聴く曲だけをオフラインに入れておいて、たまに聴く曲はクラウドで聴くスタイルがよいと思います。

維持費実質0円ですし、曲が増えまくっても困りません。

将来的にもずーっとiPhone16GBモデルでやっていけます。 

たくさんの曲を持ち歩いて、音楽を楽しんでいただけたらと思います。

ぜひ、CloudBeats試してみてくださいね!

その他のクラウド術については、こちら。iPhone16GBモデルを駆使します!