アレクサ!Echo VS Echo Plus アマゾンスマートスピーカー優秀なのはどっち!?

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

f:id:vosstories:20180316193406j:plain

「アレクサ!部屋の電気をつけて!」

最近はAIを搭載したスマートスピーカーが大人気ですよね、すこーしずつ生活に浸透し始めています。

米国のスマートスピーカーのメーカー別シェアでは、約70%がAmazon Echoらしいのです。

そこで、我が家にも、Amazon Echoを迎え入れてみました!

そして、Echo VS Echo Plusということで、どちらが優秀なのか検証していきまーす!

 

 

Echo VS Echo Plus スピーカー音質対決 

 
 

スマートスピーカーはアレクサ(AI)が搭載されているので、会話を楽しんだり、指示を出したりすることができます。

ただ、個人的には音楽を楽しむためのスピーカーとしての優秀さも大切なんですよね!

今回は、Echo VS Echo Plusということで、どちらの音質が優秀であるのか検証です!

 

 

Echoが流す音楽を録音して波形分析!

f:id:vosstories:20180324124836j:plain

f:id:vosstories:20180324125350j:plain

f:id:vosstories:20180324125528j:plain

f:id:vosstories:20180324125616j:plain

録音環境
  • OS:Apple / Mac OS
  • DTM:Apple / Logic PRO
  • I/F:BEHRINGER / FCA1616
  • MIC:audio-technica / AT2035
Echoからコンデンサーマイクまでの距離を一定にし、音量も同じにしたら録音を開始します!
 

f:id:vosstories:20180324131152p:plain

f:id:vosstories:20180324131220p:plain

同じ音楽を再生し、同じタイミングで波形を取得していきます。曲調やタイミングによる波形の誤差を減らすために、5回波形を取得し、比較明合成を行なっています。
 

Amazon Echoの音質は?波形分析はこちら

f:id:vosstories:20180324131027j:plain

全体的にのっぺりした感じは否めないですね。

低音は中音よりに引っ張られて、しっかり聞こえてくる感じ。スピーカーの大きさが大きいわけではないので、低音にズンズンを期待してはいけませんね。

ただ、ボーカルや中音から高中音にかけては明瞭に聞こえてきます。音抜けも悪くないです。聴きやすいですね。

 

Amazon Echo Plusの音質は?波形分析はこちら

f:id:vosstories:20180324131726j:plain

Echo Plusのウーファー、ツイーターにより、低音域がEchoより優秀で、50Hzまで出ていますね。耳で聞いた感覚でもしっかり違いが分かります。

波形で比較していただくと特徴の違いが分かると思いますが、3000Hzが落ち込み、8000Hzくらいが上がってますね。

3000Hz辺りは、ボーカルよりも全然上です。ギターなどの高音域の抜ける部分ですね、8000Hz辺りはギターのシャリシャリ感やドラムのシンバルだったりです。

以上の波形の特性上から言えることは、高音域を抑えてボーカルなどの中音域を際立たせて、50000Hz - 10000Hzくらいまでの音域で音全体の抜け感をだしてます。

ぼくの耳で聞いた感じでは、中音域を中心に低音域も再現しつつ、ある程度の高音域を確保している感じ。

 

やっぱり音質的に優秀なのはEcho Plus!

f:id:vosstories:20180324192316j:plain

音楽を楽しむために、高音質を求めるのであれば、Echo Plusをおすすめします!

耳で聞いた、主観的な感想になってしまいますが、解像感や音のバランスも上回っているかなと思います。それでもって、特徴としては中音域を中心に、低音域もプラスしているような感じ!

 

 

Echo VS Echo Plus スマートスピーカー機能対決

f:id:vosstories:20180325133605p:plain

EchoとEcho Plusではどちらが、スマートスピーカーとして優秀であるのか。

といっても、Echoにスマートホーム・ハブが内蔵されているものがEcho Plusです。

そりゃあ、Echo Plusの方が優秀か。

それでは、スマートホーム・ハブってなんだろうか。

 

Echo Plusのスマートホーム・ハブ内臓ってなに?

f:id:vosstories:20180325133635j:plain

スマートスピーカーはAIに指示を出すことによって、電気をつけたり、電源を入れたり、家のカギを変えたりすることができます。

最近ではIoT(Internet of Things)って言いますよね。これは、あらゆるものがインターネットに接続されることを言います。

例えば、フィリップスのスマート照明「Hue」なんかもインターネットを介して、スマートスピーカーへ指示をすると、照明のオンオフができるのです。

 

ここで大事なのが、スマホやPC、スマートスピーカーは「WiFi」でインターネット接続をするのですが、Hueなどのスマート家電は「ZIGBEE」などの無線通信規格を採用しています。それは、待機電力や消費電力など様々な理由によります。

つまり、WiFiをZIGBEEに変換して接続する「ハブ」と呼ばれる機能を持った機械が必要になるのです。

 

Echo Plusにはスマートホーム・ハブが内臓されているため、Echo PlusとHueがあれば、その時点で利用することができます。

しかし、Echoにはハブ機能がないため、Hueの専用ハブを別で購入しなくてはなりません。EchoとHueのハブ、Hueがあれば利用することができるようになります。

 

スマートスピーカーの機能を最大限に生かすのであれば、スマートホーム・ハブ内蔵のEcho Plusを購入した方が、安上がりになるかもしれません!

 

 

Echo Plusがおすすめ!高音質でスマートなAIスピーカー!